失敗しないエステ選び

新しい紙とは

丈夫で質感のあるストーンペーパー

ストーンペーパーは石灰岩を原料として作られた紙であり、紙と同様に鮮明な印刷をすることができます。木材を利用していないことから自然に優しい紙の代替品として広められてきています。 印刷ができるということから、名刺やポスター、チケットやリーフレットなど様々な紙媒体にとってかわることができる可能性を持っています。 ストーンペーパーは紙に比べて高価ではあるものの、水に強いため、屋外に貼るポスター等に用いると劣化する心配がなく使用することができます。また、名刺に用いるとその質感や重量感があることから、その特別感を出して相手を印象づけることができます。耐久性も高いことから、より保存性を重視した素材として活用する道が広い素材なのです。

ものを大切にする考え方につながる素材

紙への印刷をすることによって大量印刷、大量配布をするというのが一般的なのが現代の潮流です。チラシやフライヤー、地図やカタログなど、ただ同然で人に配っては、ゴミとして捨てられてしまう運命にあるものが多々あります。紙は木材からできているため、その製造過程で自然を大きく傷つけてしまうことから、その大体材料としてストーンペーパーが広まってきているのです。 しかし、ストーンペーパーはただの代替品ではなく、新しい素材としての地位も獲得しつつあります。その丈夫さや質感の高さから、ただ無料でもらって捨ててしまうものというよりは、長く使うべきものという印象を与えるからです。そのため、大量生産の考え方から、ものを大切にする考え方につながるものとして注目されてきています。